お客様の声

競売の回避方法について

競売の回避方法として、債権者との交渉によるリスケジュール、任意売却などの手段が考えられます。

回避方法① 債権者との交渉によるリスケジュール

リスケジュールとは、あなた自身が金融機関(銀行など)と交渉をして、返済している月額やボーナス払いの額などについての変更を行うことをいいます。
あくまで債権者に承諾をもらって支払い条件を変更してもらう手続きですので、借金が減額されるわけではないことに注意が必要です。支払期間が長期にわたる場合、金利が発生する分、支払う総額は増加することになります。
支払条件変更後に滞納した場合、全債務を一括で返済するよう請求されることが多いので、交渉時には無理のない返済金額を目標にしましょう。
こちらも一度当事務所までご相談下さい。

回避方法② 任意売却

任意売却とは、住宅ローンなどの融資を利用している人が、返済が困難になった場合に、金融機関との合意に基づき、マイホーム等を売却する手続きです。

住宅などの不動産を購入するときに、多くの人は住宅ローンなどの融資を利用します。銀行などの金融機関は融資の担保として、購入した住宅に抵当権を設定します。この不動産を売却する場合にはこの抵当権を解除してもらわなければなりません。

抵当権を解除してもらうためには、住宅ローンをすべて完済する必要があります。
住宅ローンの残高よりも高い値段で売却できれば、スムーズに抵当権が解除されます。しかし、ローンの残高よりも安い値段でしか売却できない場合には、ローン残額が完済できないことになります。

このようなときに、債権者(銀行など)の承諾を得たうえで住宅を売却し、ローンが返済しきれないままで抵当権を解除してもらいます。これが任意売却です。

このように任意売却は、金融機関に承諾を得て、一般の市場で不動産を売却することを指します。

この方法は、債権者にとっても、「競売した場合よりも多くの回収が見込める」という点で、メリットがあります。また、債務者にとっても、話し合いによっては、引越しにかかる費用などを融通してもらえる可能性もあります(引っ越し費用を必ず出してもらえるというわけではありません)。

「任意売却」は強制的な処分ではなく、こちらから自発的に行動し、金融機関の協力を得なければなりません。
しかし、今現在不動産が差押えられているのであれば、近い将来競売にかけられることは避けられません。任意売却で少しでも売却後の生活の負担を減らすのか、条件の厳しい競売を待つかは、あなたの判断次第です。

任意売却について詳しくはこちら>>

 


 

  • 債務整理無料相談受付中!049-299-7960

    事務所紹介

    料金表

    ご相談の流れ

    お客様の声

    CONTENT MENU

    Access map

    中島法務司法書士事務所

    〒350-0214
    埼玉県坂戸市千代田一丁目2番58号
    プリムローズ101号

    アクセスマップはこちら