お客様の声

競売

競売とは?

競売(けいばい)とは、債務者が住宅ローン等を返済できない場合に、担保として提供した土地や建物を、債権者が裁判所に申し立てることで強制的に売却し、その代金を借入金の返済に充てる手続をいいます
競売の手続きによって売却が終わると、自宅から退去しなくてはならなくなります。
また、競売されても借金が全てなくなるわけではありません。競売の場合は、通常の売却価格よりも2~3割安く売られてしまうことがあります。住宅の売却価格がローン残高以下である場合には、その差額が借金として残ってしまいます。

そのため、住宅を失い、かつ残ったローンの返済方法に悩まされることになります。

競売に関する誤解

競売で落札されると残債務(ローン)はなくなる?

残債務はなくなりません。住宅ローンの残額から競売による売却代金を引いた差額については、競売手続きが終わった後も返済する義務が残ります。
落札後に債権者から残りのローンについての請求がきます。これに対応しないと、訴訟を起こされる、保証人へ請求されるなど、法的処置を取られることになります。

もちろん、住宅ローンの残高よりも高い値段で売れた場合には、ローン自体が残らないことになります。しかし、競売の場合には通常の売却価格よりも安く売られることが多いので、ほとんどの場合でローンが残ってしまいます。

残ったローンが多額で支払えない場合には、破産手続きをすることになります。

競売で落札された場合、引越し費用等は出してもらえる?

原則として引越し費用は出してもらえません。しかも、引越し費用が準備できるより前に、落札者(買主)から家の明け渡しを求められることがあります。

以上のように、競売がされると、自宅を失い、家の明け渡しを求められるうえに、多額のローンが残ってしまいます。

競売を避けるために

競売を避ける方法は主に2つです。
ひとつは個人再生という債務整理方法です。個人再生とは、裁判所に申し立てをすることで住宅ローン以外の借金を大幅に圧縮し、圧縮後の債務を分割払いしていく手続きです。
住宅ローンは減額できませんが、それ以外の借金は大幅に減額することができます。
「住宅ローン以外の返済が減れば、住宅ローンを返していくことができる」という方には大変有効な手段です。

個人再生について詳しくはこちら>>

もうひとつは任意売却です。

任意売却とは、自宅不動産などを、所有者自らの意思で売却をして、住宅ローンを返済する方法です。任意売却は通常の不動産売買と同じように一般の市場で売却を行います。競売のように「通常より安い値段で売られる」ということはありません。したがって、競売の場合に比べて、住宅ローンの残額をより多く減らせることになります。

また、交渉次第では、住居を出て行く際の引越費用がもらえる場合もある(競売された場合には、引越し費用は出してもらえません)、といったメリットがあります。

任意売却について詳しくはこちら>>

競売を避けるために、これらの方法を採れる時間は限られています。相談のタイミングが遅いほど、採れる選択肢が少なくなります。一刻も早く専門家にご相談することをお勧めします。

当事務所は住宅ローン問題の豊富な経験がございます。競売を避けるために幅広いご提案が可能です。
また、任意売却は債権者との打ち合わせなど複雑な手続きが必要になります。この点、当事務所にご相談いただければ、必要に応じて任意売却に強い不動産会社をご紹介させていただいています。
ぜひ一度ご相談下さい。

 


 

  • 債務整理無料相談受付中!049-299-7960

    事務所紹介

    料金表

    ご相談の流れ

    お客様の声

    CONTENT MENU

    Access map

    中島法務司法書士事務所

    〒350-0214
    埼玉県坂戸市千代田一丁目2番58号
    プリムローズ101号

    アクセスマップはこちら