お客様の声

競売になると・・

住宅ローンを滞納すると、銀行などの金融機関が裁判所に申立を行い、裁判所が不動産を差し押さえ、競売が開始されることになります。競売が開始されると、裁判所から自宅に競売開始決定の通知書が郵送されます。
そして、4~6ヶ月後には不動産の競売の期間入札が始まります。

不動産が競売されると、次のようなデメリットが生じます。

競売のデメリット

・競売の場合、通常の市場価格より安い値段で売却されてしまいます。したがって、ほとんどのケースで、競売後も多額の住宅ローンが残ることになります。
・不動産の落札者(買主)の都合によって、退去の時期が決められてしまいます。引っ越し費用の準備ができるよりも前に、退去を求められることが多いです。
・落札者から引越しの費用を出してもらえることはありません。引っ越しの資金を自分で用意しなければなりません。
・競売される物件は公示されます。新聞紙面やHPに掲載され、近隣の住人にも知られてしまう可能性があります。
・裁判所の執行官がやってきて、自宅の中を見られたり写真を撮られたりします。精神的負担も少なくはありません。

上記のように、マイホームが競売されると、デメリットが多くなります。

 


 

  • 債務整理無料相談受付中!049-299-7960

    事務所紹介

    料金表

    ご相談の流れ

    お客様の声

    CONTENT MENU

    Access map

    中島法務司法書士事務所

    〒350-0214
    埼玉県坂戸市千代田一丁目2番58号
    プリムローズ101号

    アクセスマップはこちら