お客様の声

任意整理の解決事例

任意整理で借金を解決した事例をご紹介します。

Aさん(30代、女性、会社員)

<相談前の状況>

任意整理の解決事例Aさんは7年前に結婚しました。夫は消費者金融で借金をしていましたが、Aさんはそのことを知らずに結婚しました。
結婚後、夫が家計に生活費を入れてくれなかったため、借金のことが分かりました。Aさんも、仕事をしていましたが、生活費が足りなくなり、借り入れを始めました。
その後、Aさんは離婚。Aさん名義の借金350万円が残り、Aさんは毎月14万円の返済をしていました。
Aさんの月収は26万円。そのうち14万円を返済に充てると、残りは12万円。
結局、12万円では生活できず、また借り入れをするという状況になっていました。

<相談後の状況>

債務整理の依頼後、引き直し計算をすると、借金の総額が250万円に減りました。
これを4年間で分割払いすることにしました。

  依頼前 依頼後
借入総額 350万円 250万円
借入件数 8社 8社
毎月の返済額 14万円 52,000円
(4年間の分割払い)
金利 年29.2% 金利の引き直し計算をした

任意整理後、Aさんの月収の26万円から毎月の支払額52,000円を返済しても、月に20万円以上が手元に残るようになりました。

以前は「毎月14万円払っても、借金がなかなか減らない状態」だったのに・・・

矢印

任意整理後は毎月の返済が大幅に減り、4年で完済する目途が付きました!

Aさんが任意整理を選択した理由

Aさんのケースでは、引き直し計算をしても借金が250万円も残ってしまいました。当事務所としては、自己破産も視野に入れて検討していました。
しかし、Aさんは「自己破産せずに全額返済したい」と強く希望されていました。

また、Aさんの事情としては・・・

正社員の仕事をしていて、お給料も多い
子供がいないので、一人分の生活費が確保できれば大丈夫
家賃の安い家を借りているので、毎月支払いをしても生活は可能

以上の事情があったので、自己破産ではなく任意整理を選択することになりました。

 

Tさん(30代、女性、会社員)

<相談前の状況>

任意整理の解決事例ご相談者は、正社員として仕事をしている30代の女性でした。結婚しており、ご主人と二人で生活していました。
ご相談者は月収手取りで15万、ご主人も仕事をしており月収は手取りで20万円でした。
ご相談者は、結婚する前に一人暮らしをしており、生活費が足りなくなることから、借り入れを増やしてしまいました。
結婚後は、家賃や食費等はご主人が払ってくれていました。ご相談者の給与は、そのまま返済に充てられるということでした。

借入件数         借入総額          毎月の返済総額
3社 190万円 月7万円
<任意整理の方法>

今回は任意整理をすることになりました。
任意整理を選択したポイントは、「借り入れの総額が多くはない」という点でした。しかも、ご相談者本人も仕事をしており、給与を返済に充てられる状況でした。

以上のことから、返済は十分に可能であると判断し、任意整理を選択しました。

ただし、今後、ご主人の転職が決まっており、給与が下がる予定であったことから、毎月の返済額があまり多くならないように、長期分割で支払っていくこととし、債権者とも交渉しました。

<任意整理後の状況>
借入件数         返済総額          毎月の返済総額
3社 190万円 月3万2千円

任意整理をしたことにより、毎月の返済額を、月7万円から月32,000円に減らすことができました。また、任意整理をしたことにより、今までであれば月28,000円程度の利息が加算されていましたが、これをカットすることができました。
毎月32,000円返済し、それが全て元金に充てられる状態になりました。

任意整理をしたことにより、完済の目途がつきました。

相談前は、ご主人の転職により、「支払いが出来なくなってしまうかも知れない」と不安に思っていたそうですが、任意整理をしたことによって、今後も支払いを続けていく目途がつきました。

 

Yさん

<相談前の状況>

相談者のお父さんは、自営業をしていました。
その事業がうまくいかない状況で、お父さんは借金を重ねていました。
相談者は、お父さんから、「カード会社でお金を借りてくれないか」と頼まれました。
相談者は、「自分には父親の借金を支払う義務はない」ということは分かっていました。
しかし、お父さんからしつこく頼まれ、断ることができませんでした。
自分も消費者金融5社から借り入れをして、そのお金をお父さんに渡しました。
消費者金融への返済については、お父さんから直接払ってもらうつもりでした。

しかし、その後もお父さんの事業はうまくいかず、結局消費者金融への借金は支払われませんでした。相談者ご本人は、消費者金融からの取立てが怖かったので、住民票を移さずに、住所を転居していました。
借り入れをしたのは10年以上前の話だったのですが、現在借金がどうなっているのかを確かめるために、ご相談に来られました。

借入件数         借入総額         
4社 不明

 

<債務整理の方法>

もし借金が残っていたとしたら、それを払っていかなくてはなりません。残債務の金額によっては破産も視野に入っている状況でした。

まず債権の調査をするために、司法書士から受任の通知書を送りました。
その後、債権者から取引履歴の開示を受け、これを見ると、最後に返済をした時から5年以上の期間が経過していることが分かりました。したがって、債権が時効消滅していることが分かりました。商事債権は5年で時効にかかります。

そのため、こちらから消滅時効を援用するという内容の、内容証明郵便を債権者に対して送りました。

<債務整理の結果>

今回は、最終の返済をした時から5年以上の期間が経過していたため、全ての債権について時効が成立していました。もし時効にかかっていなかったとしたら、負債として200万円以上のものが残っていたことになりますが、これらは返済の必要がなくなりました。
債務整理をする前は、いつ債権者からの取立てが来るか、びくびくしながら生活していたそうです。しかし、今は正式に借金を返す必要がなくなりました。
びくびくする必要がなくなり、安心して住民票も移すことができたそうです。初回の相談の時には、相談者も不安で顔が曇っていましたが、借金問題が解決し、「不安になる必要がない」ということをとても喜んでおられました。

 


 

  • 債務整理無料相談受付中!049-299-7960

    事務所紹介

    料金表

    ご相談の流れ

    お客様の声

    CONTENT MENU

    Access map

    中島法務司法書士事務所

    〒350-0214
    埼玉県坂戸市千代田一丁目2番58号
    プリムローズ101号

    アクセスマップはこちら